社労士の費用

社会保険労務士を取得するまでにかかる費用

要約:社会保険労務士は、社会保障制度と人事労務のスペシャリストである。
あまりなじみのない人も多いが、ほかの士業資格と違い企業内でも名乗れる。
資格取得のための試験費も必要だが、
独学では苦しいためそれなりの費用を覚悟しなければならない。

 

社労士こと社会保険労務士は、社会保障制度と人事労務分野のスペシャリストです。
一般の仕事をしていると、あまりなじみがないと思われるかもしれませんが、会社を支えていく大事な士業です。
社会保障制度とは、労働基準法や雇用保険法、健康保険法、国民年金法、厚生年金法などがあるわけですが
、どれも働く人にとって大事な保障になってくるのです。

 

こういった分野を、国家資格として唯一扱うのが社会保険労務士になるわけです。
こういった職業の中でも、ほかと少し違うのは、企業内においても社会保険労務士と名乗れるところになります。
士業として登録するには、開業するか法人化された士業でしかできず兼業ができないようになっていますが、
企業の労務を扱う社会保険労務士は企業内にとどまって名乗ることができるわけです。

 

この資格を取得するためには、試験費用として、9,000円かかるほか、様々な勉強の道が出てきます。
試験としてかなり難解な国家資格ですので、簡単に取得はできません。
ここ5年間での合格率も10%を超えるようなときはなく、10年間で見た時も1回しかありません。

 

独学では苦しい高難易度になりますので、通信教育や資格学校に通学することは大切な手段になってくるので、
それなりの費用が掛かると考えなければならないのです。